Clip! クリエイティブライフ

駆け出し映像クリエイターのクリエイティビティ発信ブログ。IT/ガジェット/デジタルライフ/旅/Youtube

MENU

IOS13がついにリリース。3Dタッチは使えるの?

こんにちわTetsuです。

 

つい先程、IOS13がついリリースされました。

 

ダークモード搭載やリマインダーやメモ等の標準のアプリケーションの新機能等、

かなり変わってます。

 

画期的な機能、新しくできることが増え、使い方もまた変わってくると思います。

 

その中でも

僕がいちばん気になったのが3Dタッチの行方、、、

 

3Dタッチとは。

画面を強く押し込むことで、さまざまな操作を行えるタップ方法。

 

XRとSEをのぞく6s以降に搭載された感圧スクリーンです。

 

アプリの上を強く押すとショートカットが現れたり、キーボードの上を強く押しながら動かすとカーソルを動かしたり、ラインを既読つけずに読めたり。

 

個人的にはもう、なくてはならない存在でした。

 

最新機種から完全に消えた3Dタッチ。

 

本日発売のIphone 11、11 proからは完全にこの3Dタッチはなくなっていました。

 

どうやら完全にAppleは3Dタッチの必要性を否定したみたいですね。

まあ実際知ってて使ってた人は少なかったんだろうけど、、、、

 

ちなみに代替機能として特定の場所を長押しし、振動で反応するHapticタッチを使用できていました。

例・キーボードの空白(orスペース)の上を長押ししてカーソル移動

 

3Dタッチ搭載機種でもIOS13にすると3Dタッチは使えなくなる?

答えはYESです。

 

早速Iphone7Plusをアップデートして

試してみたところ3Dタッチの面影はなくなっていました。

 

3Dタッチを使えていた機種でアップデートすると3Dタッチの機能はなくなります。

 

システムですべてのIphoneでHapticタッチに統一したみたいです。

 

アプリの上を長押しするとショートカットが出てきました。

時間差でアプリたちがブルブル震えて削除や移動ができました。

 

キーボード空白を長押しでカーソルも移動できます。

 

ラインも既読つけずに見れます。

 

要するに、

3Dタッチが廃止された事によって

できなくなったことはないみたいだからこの操作自体になれればどうってことないんだけどねー。。。

 

 

スウーっと消えていった3Dタッチ。いままでありがとう。