Clip!

駆け出し映像クリエイターによるレビュー系ブログ。メインはYoutube

MENU

Osmo Mobile 3が発売!!軽くなって折りたためるって最強かよ、、

こんにちわTetsu.です。

 

昨日夜に行われたDJIの発表でOsmoMobile3が発表されました!

f:id:clip_ambitions:20190814060853p:plain

 

スマートフォン用のジンバルであるオスモモバイルですが、最近街でも見かけることが多くなったきがします。

 

スマートフォンのカメラがあれば簡単に、そして十分きれいに画像や映像を残せますからね。

 

そして今回発売されることとなる、このオスモモバイル3を一緒に持っていれば完璧でしょう。

 

オスモモバイル2からの改善点

以前のオスモモバイル2もかなり優秀な製品でした。

 

ジンバルはしっかり機能してくれるし、価格もそこまで高くありません。

 

がしかし、個人的にはどこか物足りないなー、買う人は多くないだろうなと思っていました。

 

しかし今回の改善されたポイントを見て、買う人は増えるな、と思いました。

その理由を変わったポイントと一緒に解説していきます。

 

重さと形。

まず重さですね。

以前は480gほど重さがありました。

 

これが今回400gほどになっているとのこと。

 

この80gは使いやすさにおいて大きなポイントになるはず。

 

軽量化はどんどんしてほしいところ。

 

そして次に形。

以前のオスモモバイル2はやっぱり大きかった。ぶらんぶらんするジンバルとスペースをとるいびつな形。

とてもスリムとは言えず、持ち運ぶのも億劫になるなーと。

 

しかし、

オスモモバイル3はみごとな進化を遂げました。

 

なんとジンバル部分をロックでき、そして折りたたむことが可能に、、!!

f:id:clip_ambitions:20190814061921p:plain

これはやばいでしょ、、

 

正統な進化すぎる、、

 

このおかげでかなーーり持ち運びやすくなりました!!

 

操作がより直感的に。

今回のオスモモバイル3はスマートフォンの取り付けも簡単になりました。

 

前のモデルは3つの支点でスマートフォンを支えていました。

 

しかし今回のオスモモバイル3は見ての通りただスマホを挟むだけです。

しかも!

ボタンで縦向き、横向きを切り替えることができるようになった、、、

 

超ラク、、

 

その他にも

ほとんどすべての操作を手元のボタンやスティックを使って直感的にできるみたい。

 

 

さらに、、、!

ジェスチャー操作もできる!!

 

自撮りするときにカメラの前で手のひらやピースをすることで撮影してくれる。

 

 

まじで直感的や。。

 

DJImimoアプリを使えるようになった!

 

以前のモデルまではDJIGOというアプリからカメラを操作することができました。

 

今回のオスモモバイル3からはDJImimoに変わりました。

 

最近発売されて話題の

オズモポケットやオズモアクションと同じアプリケーションで使用できます。

 

ストーリーモード等もオスモポケットと同じように使えるみたい。

 

 

これは欲しいかも、、、

これはジンバルを使って手ブレをなくすということが

また一般的になるきっかけになるのでは。

 

お金をかけたくないけど周りとは頭が抜けた映像、画像を撮りたい人はめちゃくちゃいるはず。

13,500円(税別)で解決します。こいつとIPHONEもってればスターになれるはず。

 

ちなみに本日14日からAppleStoreでは販売開始だそうです。

秋にどうせ発売されるであろうiPhoneとあわしてきたか、、

 

新iPhoneと同じタイミングで買えたらいいな。

 

 

Tetsu.