Clip!

大学生の雑記ブログ/旅/生活/挑戦

MENU

パリの日本語が通じる歯医者に行ってきた!詳細、レビュー他

こんにちわ〜
フランス留学も5ヶ月〜そんな中ハプニングが、、
パリの歯医者に行ってきた話です。
 
 

海外で歯のトラブル!

フランス留学して5ヶ月。僕の身に最悪の事態が起きました、、、
 
歯の詰め物が取れた!
いつものように大好きなカマンベールチーズを食べていたら”ゴリっ”って、、、
確認してみると奥の詰め物が取れて歯がむき出しの状態に。
 
実はもしかしたらこうなるかなーと思っていたんです。
というのも留学前に歯医者に通ってまして、そこでいろいろあったんです。(渡仏直前に治療を始めてくれました。)そして仮の詰め物のままフランスに来ちゃったので、、
その時歯医者さんに、「とれたらしかたないね〜」と。
 
しかたないじゃねーよアホ って思いながらもどうしようもなかったのでガムを噛まなかったり、反対の歯をできるだけ使っていたのですが、、、
油断しました、、、カマンベール、、
 
 

パリで日本語の通じる歯医者さん

特に痛みはなかったのですが、残り4ヶ月もこのまま放置するわけにもいきません。
すぐに日本語の通じる歯医者さんを探しました!
パリにはいくつか日本語のOKの歯医者さんがありました。
 
歯のことなので適当には決められません。ネット上の口コミを漁りまくった結果、、

ジャン=ポール・ミュラー先生のところに行くことにしました。

夫婦でやっていて奥さんが日本人の方で無料で通訳してくれるみたいです。

予約も日本語でできますよ! 

住所
78 av Henri-Martin
75116 PARISMetro 9番線 rue de la pompe
Bus 65番 Victor-Hugo, Henri-Martin日本語予約
01 42 67 75 15

 
電話してみると丁寧に住所と行き方を教えてくれました。明日でもいいですかと聞いたらいいですよーって。すんなりと予約取れました^^

いざ治療へ、、

とくにトラブルもなく無事到着!
f:id:clip_ambitions:20180206164514j:plain(ちょっとわかりにくいので写真を。)
アパートの一室で歯医者をやっているみたいです。日本の歯医者の感じとはまったく違うので戸惑いましたw
外見も普通のフランスのアパートでした。
インターホンを押して中へ入ると生活感あふれる待合室に通されました。
 
あと、待っている間に温かい緑茶もいただきました。久しぶりに飲む日本の緑茶に感動しましたw 良いサービス^^
 
ついに治療。
助手とかはいませんので一対一でしっかりと診てもらえます。
ドクターは雰囲気は少し怖かったです。でも奥さんがすぐ横で通訳しながらやってくれていたので特に不安もありませんでした。
 
僕の場合、日本に戻ってまた治療を受けられるように再度借りの詰め物を入れておこうということになりました。
完全な治療は日本でしたかったし、料金の不安もありましたので、納得しました。
 
かなりテキパキと治療を進めていくドクター。
痛みもなく、あっという間に終わってしまいました。
高さの調整をする時に、噛んで〜、高さはどうですかって急に日本語で言われたのでびっくり。笑 日本人の治療に慣れてますね。
 
なにはともあれ無事に治療できました!
 

料金は、、、?

電話の時に検査は40ユーロって言われていました。

実際払ったのは60ユーロでした。高い?のかな。
まあでも幸い僕は学生向けのフランスのソーシャルセキュリティーに加入してて、そこからお金が戻ってくるはずなので関係ないですが、、
やっぱり保険無しだと歯医者は高い。
 
ちなみの日本で入っている社会保険でもお金は戻ってくるんだとか。
奥さんもそう言っていたので確かだと思います。
気になる方は直接聞いてみるといいですよ!やさしいので!
 
 
領収証と、診察書をもらって無事に終わりー!
 
 
 
二週間ぐらい経ちますが、治療したところも特に問題ないです!
また何かあったら利用させてもらいます。
 
フランスで歯のトラブルにあったらぜひ利用してみてください。
 

f:id:clip_ambitions:20180206164352j:plain

バスの窓から見えるエッフェルタワー。

 

では!